金利以外で見るカードローンとクレジットカードのそれぞれのメリットとは

カードローンとクレジットカードの金利以外の違いやそれぞれのメリットですが、実は金利についても、借りる金額が同じであればさほど大きな違いがあるわけではありません。
まず、クレジットカードのキャッシングのメリットは、何といっても新たにカードを作ることやそのための審査が不要なことです。いま持っているカードがそのまま使えるということです。ただし、これは決して審査不要と言っているわけではありません。カードを作る際に審査も一緒に終わっているということです。ただし、クレジットカードはあくまでもショッピングに使われることを想定したカードですから、キャッシングについては限度額が十分でないことが多いです。緊急に、少額が必要なときに借りるというイメージで、限度額は高くても数十万円までであり、10万円や20万円程度に設定されていることも多いでしょう。
一方でカードローン比較のメリットですが、こちらは限度額が大きいことです。10万円やそこいらの金額ではなく、数十万円以上、場合によっては数百万円もの限度額を持つことも可能です。これだけの限度額があればどんなことが起こっても対応することができるのはまず間違いありません。ただし、カードローンでは新たな申し込みが必要になりますし、当然ながら審査もあります。他社からの借り入れ金額や返済状況も調査されますし、勤務先への在籍確認も行われることになります。もちろん、希望どおりの金額が借りられるとは限りません。